【仙台】採用映像で会社の思いを伝えるポイント

TOP > 【仙台】採用映像で会社の思いを伝えるポイント

採用映像デザインは、会社が自社の魅力を視覚的に伝えるために用いる手法です。求職者に対して会社の理念や価値観、働く環境などを伝える有効な手段となります。採用映像は、ポイントを押さえて構成・デザインしていくことが大切です。

構成やデザインで押さえたい採用映像の目的と伝えるべき思い

採用映像デザインの目的は、企業が求める人材に対して、自社の魅力を具体的に理解してもらうことです。それにより、企業と求職者のマッチングを助け、良質な人材の採用につなげることを目指します。また、採用映像を通じて「会社の思い」を伝えることも重要なポイントです。これは、企業がどのような価値を大切にし、どのようなビジョンを追求しているかを描き出すことで、共感できる人材を引き寄せる狙いがあります。

採用映像デザインの目的

採用映像デザインの主な目的は、会社の魅力を効果的に伝えることでより多くの優秀な人材を惹きつけることです。このためには、ただ自社をアピールするだけではなく、会社の雰囲気や働く社員の様子、仕事内容などを具体的に映像として表現します。これにより、求職者に対して直感的に理解してもらい、自分がその企業で働くイメージを持たせることが可能となります。

映像は文章や静止画よりも情報量が多く、視覚的に訴える力が強いため、見る人の印象に強く残ります。採用映像の構成やデザインは、これらの要素を踏まえて、会社の採用活動を効果的にサポートする役割を担っています。

採用映像で伝えたい「会社の思い」

採用映像デザインでは、単に宣伝するだけでなく「会社の思い」を伝えることが重要です。映像だと、企業文化やビジョン、理念といった抽象的なものを具体的に伝えやすい特徴があります。会社が重視する価値観や、これから達成したい目標、社員一人ひとりが大切にしている仕事への取り組み方などを視覚的に示すことで、応募者に企業の魅力を伝えることが可能となります。採用映像を通して「会社の思い」を共有し、自社と同じ価値観を持つ人材を引き寄せることができるのです。

人材採用で成功する会社の採用映像の特徴

人材採用で成功する会社の採用映像は、いくつかの共通する特徴を持っています。

社員の声が多く含まれている

人材採用で成功する会社の採用映像は、一貫して社員の声を多く取り入れています。なぜなら、社員自身の生の声は、会社の雰囲気や働く環境をリアルに伝える唯一無二の手段だからです。社員へのインタビュー映像を多く採用映像に取り入れることで、視聴者に対して働く現場の実態や、社員一人ひとりが何を思い、どのように働いているのかを深く知ってもらうことができます。このような社員の声によるリアルな証言が、求職者の心に直接届き、自社への志望動機を高める一助となるのです。

会社や仕事内容が具体的に描かれている

採用映像では、会社の文化や仕事内容を具体的に描写することが重要です。具体性がある映像は視覚的に訴え、候補者に応募する動機を与えます。例えば、実際のオフィスの様子を撮影したり、対話形式で業務内容を紹介したりするという手法があります。これにより、候補者は具体的なイメージを持ち、自分がその中でどのように活躍できるかを想像しやすくなります。さらに、どのような人々が働いているのか、どのような働き方が可能なのかを視覚的に知ることで、応募者の会社への理解を深め、採用成功率を向上させることにつながります。

自社の採用映像をデザインする際のポイント

自社の採用映像をデザインする際には、以下のポイントを重視することが重要です。

社員の声を活かす

まず一つ目は、社員の生の声を活かすことです。会社がどのような働き方を提供しているのか、現場からの声を直接伝えることで、応募者にとって具体的な働き方のイメージが湧きます。

社員の声は、会社の思いを伝える最も効果的な方法でもあります。社員が自身の経験や仕事のやりがいを語る映像を作成することで、応募者に対して「どのような人材が活躍しているのか」「社員がどのようなキャリアを積んでいるのか」を具体的に示し、自社の魅力を伝えることが可能となります。また、社員のリアルな声を通じて、応募者が抱く会社に対する理解を深め、興味を持つきっかけ作りも期待できます。採用映像を作成する際は、社員の個性や経験が伝わるような映像デザインを心掛けましょう。

会社の魅力を具体的に描く

企業文化やビジョン、仕事内容などをデザインに織り込むことで、会社の思いや理念を直接訴求することが可能となります。映像を通じて会社の魅力を具体的に描写することは、求職者に対して強い印象を持たせ、自社への関心を高める重要な要素です。会社のミッションやビジョン、具体的な業務内容、働く環境といった観点から描かれる情報は、求職者が企業選択を行う際の重要な判断基準となります。会社の魅力を具体的に描くことで、採用映像は効果的な人材獲得ツールとなり得ます。

採用したい人材に特化した内容を織り込む

新卒採用・中途採用など採用したい人材に特化した内容を織り込むことも大切です。求職者は、自身が具体的にどのような業務を行うのか、また会社の雰囲気や働き方を詳しく知りたいと考えます。福利厚生や働き方の柔軟性、業務内容、教育体制、キャリアパスなど、求める人材に対して求職者の視点を踏まえた映像制作が効果的です。

会社の思いが伝わる採用映像のデザインなら仙台の株式会社ルデラ

会社の思いを伝える・伝わる採用映像の制作依頼でしたら、仙台の株式会社ルデラへご相談ください。企業紹介や商品紹介、採用映像、広告映像、ロゴ、名刺、ポスター、グッズなど、動画・映像やデザインに関する様々なクリエイティブ制作に対応しています。

会社の理念や思いをユーモアと独自の世界観で包み、時代を超えて残り続ける採用映像を提案いたします。明確なコンセプトが決まっている場合はもちろん、具体的なイメージがない場合でも丁寧にヒアリングを重ね、会社の思いが伝わるクリエイティブな映像を提案します。宮城県仙台市を中心に、映像制作やデザインのご依頼でしたらお気軽にお問い合わせください。

仙台のデザイン・動画制作会社 株式会社ルデラ

会社名
株式会社ルデラ
設立
2021年2月16日
代表取締役
佐藤 麻央
所在地
〒981-1105 宮城県仙台市太白区西中田3丁目11-13
TEL
022-200-6370

宮城県で動画・デザイン制作を依頼するなら!
ご依頼やお見積もり、なんでもお気軽にどうぞ!

お問い合わせはこちらから